総量規制 カードローン

 

総量規制はクレジットカード利用でどこまで影響するのか

お金を借りる時に、総量規制という言葉がよく聞かれるようになりましたが、この言葉の意味を理解していないと面倒なことになりますので、よく覚えておきたいものです。

 

総量規制とは、利用者の年収3分の1を超える借り入れを行ってはいけないという法律です。利用者が返済不能に陥るほどの借り入れを抑制するために、2010年6月から施行されたものになります。

 

総量規制の対象は一部例外があるものの、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など、貸金業法にあたる融資の場合に限ります。

 

そのため、法律が施行された後に消費者金融やクレジットカードのキャッシングに申し込む際には、会社側から収入証明書を提示するよう求められることが多くあります。

 

しかし、銀行や信用金庫などの金融機関は貸金業ではないこともあり、金融機関で作るカードローンは総量規制の影響を受けません。総量規制が気になる人は、金融機関を利用してみるとよいでしょう。

 

また、クレジットカードのショッピング利用枠に関しても、総量規制の対象外となります。クレジットカードの利用の際は、キャッシング枠に注意するだけで大丈夫です。

 

とはいえ、総量規制に引っ掛からなくてもお金の使い方次第では返済が困難になってしまうことはありますので、クレジットカードやカードローンの利用は計画的に行うよう心がけましょう。

クレジットカードの借り入れも改正貸金業法の総量規制があります

お金が必要なときにはクレジットカードやカードローンを利用して、必要な資金の穴埋めを行っている人も多いでしょう。

 

信販会社のクレジットカードや消費者金融のカードローンなどを利用するときには、改正貸金業法に基づいて定められている総量規制が適用されます。

 

総量規制とは、借り入れの申し込み者の年収3分の1までしか融資を行えないという制限になります。

 

総量規制はクレジットカードや消費者金融のカードローンによって借り入れをしている総額について適用されます

 

他の金融業者からすでに借り入れをしていてるときには、合計額によって年収3分の1を超えるときにはそれ以上の借り入れができなくなります。

 

ただし、総量規制の適用対象となるのはクレジットカードのキャッシング枠ということになり、ショッピング枠については適用対象外となっています。

 

ショッピング枠に関しては経済産業省の管轄ということになり、総量規制の適用は受けないことになっています。

 

クレジットカードをたくさん持っている場合には、限度額において利用しているものと判断されるケースもありますので、たくさんのクレジットカードをすでに持っている人は、新規の申し込みをするときに注意する必要があると言えます。

限度額の他にカードローンには総量規制のルールがある

お金が必要になったときに便利なサービスとして、消費者金融業者が行っているカードローンのサービスがあります。

 

カードローンであれば、色んな人が融資を受けられますし、最近では様々な職業の方に対して融資を行っている金融業者や、幅広い年齢層に対して貸し付けをしている金融業者などが登場しています。

 

消費者金融業者のカードローンを利用するときに把握しておくべきこととして、総量規制のことがあります。

 

消費者金融の融資事業に対しての法律的なルールとして総量規制というものがあり、貸し付けを行っている業者は借り入れ希望者の年収の3分の1を超える金額の融資はできないことになっています。

 

ですので、それぞれの消費者金融のカードローンを利用する人の限度額というものは、金融業者があらかじめ設定している金額の他に、カードローン利用者の年収によっても異なるものになると言えます。

 

総量規制の適用があるのは一般的な消費者金融業者のみということになり、銀行が行っている融資の場合には銀行法に基づいて行われているサービスという扱いになりますので、総量規制の適用対象外となります。

 

銀行系の消費者金融が行っているカードローンから融資を受ければ、年収の3分の1を超える金額であっても借り入れが可能になります。